簡単
見積り
エアコンのみ

エアコンのみ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

空室

空室

ご家庭向け

洗濯槽の汚れや臭い。見えないから気になる?

2020年02月06日(岩手花巻店) ご家庭向け

1.はじめに

毎日のように使う洗濯機。洗濯した衣類を取り出す時、カビ臭や黒いゴミが衣類に付いている時はありませんか?

美容室などの店舗で使用している洗濯機では使用回数が多く、洗剤や柔軟剤の使用も多くなりがちです。冬の空気が乾燥する時期では、一般家庭でも柔軟剤の使用量は水量に対いて多めに入れているご家庭もあります。実は、洗剤と柔軟剤の使用量が多いのも洗濯槽の汚れ、臭いの原因になります。このブログでは、洗濯機に汚れが付きにくい方法と普段のお手入れについて、ご紹介させて頂きます。

2.洗濯機の使い方について

洗濯機を使用する時の注意点を、いくつかご紹介します。

1.ご家庭で使用している洗剤、柔軟剤の裏面を読み使用量を確認しましょう。

 洗剤、柔軟剤が溶けきらない場合があるので後に洗濯槽の汚れの原因となります。

 

2.洗濯前の衣類を洗濯槽に溜めず、ランドリーカゴに入れておきましょう。

 洗濯後も、出来るだけすぐに洗濯物を取り出して洗濯槽を乾燥させて下さい。

 

3.お風呂の残り湯は洗う時だけ使用し、すすぎは水道水を利用して、すすぎの回数は減らさないようにしましょう。

 

4.普段から洗濯機の蓋を開けて湿気がこもらないようにしましょう。小さなお子様がいるご 家庭では、洗濯機の蓋と本体の間にタオル等をはさみ隙間を作ると良いです。

 

普段からの使用方法を改善するだけで、洗濯槽へ汚れが付きにくくなりますので試して下さい。

3.洗濯機のお手入れについて

市販の洗濯槽クリーナーがありますが大きく分けて3タイプがあります。

洗浄力順で、塩素系>酸素系>重層となります。

特徴としては‥‥

・塩素系 洗浄力は高いが塩素臭が残る

・酸素系 汚れを剥がして落とすのでゴミ取りが必要となる

・重層  無害であるが洗浄力が弱い

 

おススメは、月に1回は酸素系または重層を使用し半年に1回は塩素系で洗濯槽をクリーニングするのが良いでしょう。


 

4.まとめ

洗濯槽の臭いの原因はカビです。カビは有機物(石鹸カス、ほこり)と湿気を好み洗濯槽はカビが繁殖する場所として条件が整っています。普段の洗濯機の使用方法や定期的なお手入れでカビ臭の改善は可能です。但し、洗剤投入口や洗濯槽に付いている糸クズフィルターの隙間の汚れは簡単に落とす事は出来ません。洗濯機のお手入れをしてもカビ臭がしたり洗濯物に黒い汚れが付いて困った時は、「おそうじ革命 岩手花巻店」へ、是非おまかせ下さい。

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命 All rights reserved.