ハウスクリーニングやお掃除のことならおそうじ革命

武蔵野吉祥寺本町店
クレジット決済OK
0120-540-609

簡単
見積り
エアコンのみ

エアコンのみ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

空室

空室

ご家庭向け

プロが教える浴室(お風呂)の汚れの落とし方

2018年09月06日(武蔵野吉祥寺本町店) ご家庭向け

1.はじめに

 

毎日の疲れを癒すお風呂、きれいなお風呂で気持ちよくはいりたいですよね。今回は、お風呂の汚れの落とし方についてくわしくご説明します。

 

2.お風呂の汚れの種類

 

お風呂には、大きくわけて3種類の汚れがあります。

・石けんカスなどの酸性の汚れ

・水あかなどのアルカリ性の汚れ

・カビ

 

石けんカスは、石けん・シャンプーに含まれる油脂が水道水のミネラル分(カルシウム、マグネシウム)と反応した汚れです。

水あかは、水道水が蒸発したあとにカルシウム、マグネシウムなどのミネラル分だけが残り、これが積み重なった汚れです。

カビは空気中のカビ菌(胞子)が、繁殖した汚れです。お風呂には、皮脂や石けんカスなどカビの栄養となるものや、水分があるため繁殖しやすい環境になっています。

 

1種類の汚れであれば、比較的簡単に落とすことができるのですが、お風呂では水あかの上に石けんカスが付着したり、さらにその上にカビが発生するなど、いろいろな成分が混ざりあって頑固な汚れになっています。

 

3.汚れの落とし方

 

汚れが軽いうちには市販の花王「バスマジックリン」やライオン「おふろのルック」などの中性洗剤でも落ちますが、頑固になった汚れを落とすには、汚れの種類にあった洗剤を使用することが重要です。

 

・石けんカスなどの酸性の汚れにはアルカリ性洗剤を!

・水あかなどのアルカリ性の汚れには酸性洗剤を!

・カビには塩素系漂白剤のカビ取り洗剤を!

 

まず、汚れの部分にお湯や水をかけましょう。汚れを柔らかくし洗剤で汚れを落としやすくするとともに、洗剤や道具で壁、浴槽などを傷つけないよう保護します。

 

次にアルカリ性洗剤を使用し、石けんカスなどの汚れを落としていきます。

次に塩素系漂白剤でカビを落としていきます。汚れがひどい場合には、洗剤をかけた後にしばらくつけ置きしておくと薬剤が浸透し、汚れが落ちやすくなります。

 

このあと、水で十分にすすぎを行い、洗剤を流してください。

塩素系洗剤が残っていると、次に使用する酸性洗剤と反応して、有毒な塩素ガスが発生します。「混ぜるな危険!」っていわれているものです。十分に注意しましょう。

 

次に酸性洗剤を使用し、水あかなどの汚れを落としていきます。

これも汚れがひどい場合には、しばらくつけ置きすると効果的です。

 

4.まとめ

 

・お風呂の汚れには酸性の汚れ、アルカリ性の汚れ、カビがあります。

・汚れが混ざり合って頑固な汚れになっています。

・汚れを落とすには、それぞれの汚れにあった洗剤を使用する必要があります。

 

こまめに掃除をしたり、お風呂上りに残った水滴を拭き取ることで、汚れがつきにくくなります。汚れがひどくなった場合には、おそうじのプロにお任せいただくのが一番です!

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命
All rights reserved.