簡単
見積り

エアコンのみ

エアコンのみ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

空室

空室

エアコン

エアコンの正しい掃除頻度は年に2回!汚れを放置するリスクとは

2019年12月22日(おそうじ革命) エアコン

エアコンの掃除頻度は年4回が一般的!

「自宅にエアコンを設置している方」を対象に「エアコンの掃除頻度はどれくらいですか?」という内容でアンケート調査を実施しました。

その中で最も多かった回答は、季節ごとに1回の「年に4回」で、28%という結果でした。

その理由は「夏と冬の使い始めと使い終わりに掃除する」や「使用した後は必ず行う」、「頻繁にできないのでシーズンごとに行う」などでした。

続いて「年に1回」が26%で、「夏しか使用しないので、その前に1回だけ」という理由が多く、続く「数年に1回」は18%で、「掃除が重労働だから」や「掃除の仕方が分からない」といった声が多くあがりました。

「掃除機能付きだから」という理由で「一度も掃除していない」と「エアコンを使い始める夏と冬に行うから」という理由で「年に2回」と回答した方が同数の12%でした。「ホコリが溜まっているのを見て」や「節電のために」という理由から「月に1回」行うという方は4%でした。

比較的こまめに掃除している印象ですが、一口にエアコン掃除と言っても、部位によって適切な掃除の頻度が違います。それぞれに適した頻度とはどのくらいなのでしょうか。


エアコンの掃除すべき部位と適正な頻度

エアコンの掃除は、実際にいつどのくらいの頻度で行えばいいのか、ここではエアコンのフィルターと内部に分けてご説明します。

・フィルター掃除は月2回が目安!

エアコンのフィルターは、最もホコリやカビが溜まりやすい部位です。よく1年に1回業者さんにエアコンクリーニングをお願いしているというご家庭の話を耳にしますが、フィルターに関してはおすすめできません。清潔さをキープするためには、毎月2回程度の掃除が必要です。

かなり高頻度に感じるかもしれませんが、フィルターは比較的簡単に掃除できる部分です。掃除機でホコリを吸い取ったり、エアコン用のスプレーを吹きかけたり、ひどい時は洗い流すなどして常に清潔な状態を保ちましょう。アロマスプレーをかけるのもおすすめですよ。

・内部の掃除は1~2年に1回!

エアコン内部の掃除は基本的に1~2年に1回がベストです。使用頻度や環境にもよりますが、フィルターをこまめに掃除していれば、その頻度で問題ありません。また、掃除機能付きのエアコンはフィルター掃除がほとんどなので、やはり2年に1回は内部掃除の必要があります。吹き出し口やフィルターを外した内部の汚れを掃除機で吸い取り、取りきれない部分は歯ブラシなどできれいにしましょう。掃除をするタイミングは、夏や冬前の使用頻度が高くなるシーズンの直前がおすすめです。使用し始めたときのいやな臭いや不快感を防ぐことができます。


エアコンを掃除しないことで起こる3つのリスク

エアコンをきちんと掃除をしないと、さまざまなリスクを生じさせる可能性があります。ここでは主な3つのリスクをご紹介します。

1.カビとホコリの発生でアレルギーに!

フィルターなどが汚いままエアコンを使い続けると、部屋中にカビやホコリを蔓延させることになってしまいます。これらを吸い込むことで、咳や鼻炎といった「アレルギー症状」を発症させり、「結膜炎」や「皮膚疾患」を患う可能性もあります。特に小さいお子さまは「小児喘息」にも起因する場合がありますから、なるべくこまめに掃除してあげてくださいね。ましてやいやな臭いがしたら、すぐにフィルターだけでも掃除するようにしましょう。

2.電気代が高くなる

フィルターが汚れていると、エアコンの温度や風量が弱まってしまい、設定した温度で風が放出されにくくなります。この結果、温度を上げても「暖かくならない」、逆に下げても「涼しくならない」という状況になり、どんどん強くしたまま長時間稼働してしまい、思った以上に電力を消費してしまいます。清潔なエアコンと比べて汚れたエアコンの電気代は約1.5倍になるとも言われています。

3.故障の原因に

ホコリやチリがエアコン内部に溜まってしまうと、精密部に影響を与えて故障してしまう原因になります。故障すると、修理代や買い替えで出費も高額となってしまいますから、できるだけこまめにクリーニングを行うことをおすすめしたいです。


まとめ

エアコンの掃除について、適切な頻度や時期、その方法についてご紹介しました。エアコンはあまり目につかない上部に設置されていることと、内部が見えないため、アンケートにもあったように、掃除の必要性を感じなかったり、重労働に感じたりして、どうしても掃除をおっくうに思ってしまうところがあります。

しかし、掃除を怠るとホコリやカビをずっと吸い続けることになりかねません。そこからアレルギーや喘息など、健康被害の要因にもなってしまいますから、特にフィルターの掃除はこまめにしたいところですね。そして、エアコン内部は少なくとも年に2回、使い始めるシーズン前には必ず行いたいものです。

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命 All rights reserved.