簡単
見積り
エアコンのみ

エアコンのみ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

空室

空室

本部コラム

<COVID-19>自宅に忍び寄る新型コロナウイルスの脅威… 空間除菌・エアコンクリーニング・光触媒コーティングで家族を守る

2020年04月06日(おそうじ革命)

こんにちは!KIREI produce広報部です。

 

新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の感染拡大の勢いは未だ衰える気配はなく、本日(4月5日)は東京都内で140名以上の感染が確認されるなど、専門家が指摘する「指数関数的に感染者が増加していく」という予測通りに感染者数が推移しています。

 

国内感染者は4,000人を超えましたが、無症状の人から別の人へ感染を拡大させているケースも想定されるなど、潜在的な感染者数はもっと多いのではないかという予想も出ています。

 

新型コロナウイルス肺炎の最も脅威的な特徴は、その爆発的な感染力にあります。1人の感染者が何人の二次感染者を生み出すかを平均化した「実行再生産数」は4月2日の時点で1.7人となっており、基本感染者1人が約2人前後の新たな感染者を生み出しているというのが実態のようです。

また、最長で10日前後熱が下がらず、身体を動かすだけで激しい咳に見舞われるなど、重篤な症状が出ることも我々の不安を煽ります。

 

新型コロナウイルスを収束させるためには、先ほど述べました「実行再生産数」を1以下に抑えることが必要であり、そのためには人と人との接触を可能な限り減らす「ソーシャルディスタンシング(社会的距離戦略)を保つことが重要であると数多くの専門家が指摘しています。

具体的には「不要不急の外出を自粛する」こと。新型コロナウイルスの潜伏期間である最長14日間を自宅で過ごし、他者との接触を限りなく減らすことでウイルスの動きを抑制する、というのがこの社会的距離戦略の肝です。

また、自宅で待機している間に家庭内に潜むウイルスを撃退することも重要で、自宅待機中は①こまめな手洗いうがい、②各所の消毒、③家族同士でも距離を保つ、などの対策も同時に行うべきだといわれています。

 


■家の中のどこにウイルスは潜んでいる?

では一体、家の中のどのような場所にウイルスは潜んでいるのでしょうか?

厚生労働省がホームページなどで喚起している「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)」において、新型コロナウイルスの家庭内での蔓延を防ぐためには「取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒する」ことを対策のひとつとして挙げています。

しかしながら、ドアノブや取ってはたしかにたくさんの人が触れる部分ではありますが、ドアノブに手の届かない身長のお子様は扉のドアノブでない部分を触っている可能性は非常に高いですし、一様に取っ手やドアノブのみを消毒すれば防げるのかというと疑問が残ります。

また、複数の人が手を触れる箇所というのは取っ手やドアノブだけでなく、「各部屋のスイッチ」、「水まわりの蛇口」、「トイレの便座」、「テレビなどのリモコン」、「パソコンのマウス・キーボード」、「収納扉」、などなど非常に多岐に渡っています。

 

しかし、ウイルスは物の表面においても生存できるという発表もあり、空気中では3時間、銅製品上では4時間、ボール紙製品の上では24時間、プラスチックやステンレスの表面では約3日も生存が可能という報告が出ています。

家庭内に存在する「人がたくさん触れる箇所」には大抵ステンレスやプラスチックが使われているため、これらの箇所はウイルスが付着した手で1度触れてしまうと、最大3日間程度は感染のリスクがあるわけです。

ですので、家庭内でもウイルスの脅威から身を守るためには、これらの箇所を本当に頻繁に消毒する必要があります。

 

とはいえ、これらの箇所を一日に何度も消毒するというのはさすがに大変ですよね。

また市場にはアルコール除菌剤などの消毒液やマスクなどの医療品の流通が減少しており、そう簡単に買うことはできなくなってきています。

なるべく節約したいところではありますが、それでは感染のリスクをゼロにすることは難しいでしょう。

 

では、いったいどうすればいいのでしょうか?

高品質の次亜塩素酸除菌剤の開発なども自社で手掛け、創業以来10年間さまざまな衛生環境を保護・創生してきた我がKIREI produceは、新型コロナウイルス感染拡大を予防することを目的とした以下のようなサービスを実施しております。

 


■新型コロナウイルスから家族を守るために|おそうじ革命の3つのサービス

①部屋全体の除菌・消毒

お部屋の中に存在するあらゆる病原体を徹底的に除菌・消毒することで、限りなく衛生的な空間を獲得できます。

ウイルスは目に見えないほど小さな粒子ですので、お部屋のあらゆるところに存在すると考えられます。それこそ、空気中にだって漂っているかもしれません。(事実、厚生労働省は新型コロナウイルスを予防するべく「頻繁な換気」を推奨しています)

空気中だけでなく、ドアなどの建具、壁、家具、家電、あらゆるものに付着していると考えて良いでしょう。

ご家庭からウイルスを徹底的に排除するためには、これらのものをすべて消毒する必要があります。

しかし、専用の道具やクリーニングの技術がないと、この作業はとてつもなく大変なものとなるでしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、おそうじ革命の一室すべてを消毒するサービス「一部屋丸ごと除菌」です。

一部屋丸ごと除菌には、おそうじ革命が独自開発した次亜塩素酸洗剤「除菌プロ」を使用します。

この除菌プロはジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを主成分とした除菌消臭剤で、フィールドテストにおいては使用箇所の99.9%ものウイルス・雑菌を除去することに成功しています。

また、この洗剤に含有されている「界面活性剤」には、新型コロナウイルスの「エンベロープ(脂質膜。新型コロナウイルスが人の細胞に侵入する際に使用する)」を壊す役割があることも判明しています。

しかも、この除菌プロは医療現場や保育施設などで哺乳瓶の消毒に使われていた洗剤を参考に開発されています。そのため、身体の弱い方や小さなお子様にも影響はほとんどありません。

 

一部屋丸ごと除菌はお部屋の広さに関係なく、一部屋あたり一律¥3,850でご提供させていただいております。

 

<関連記事:【COVID-19】一室を丸ごと除菌・消毒する新サービス「一部屋丸ごと除菌」がスタート。一律¥3,850。|代表取締役「感染拡大防止に役立てば幸い」

 

【一部屋丸ごと除菌のサービスページはコチラ】

 

 

 

②エアコンの内部を洗浄する

先ほどもご説明させていただいた通り、ウイルスは人の目に見えないほど小さな物質で、空気中を浮遊しています。

そしてエアコンは、お部屋の空気を内部に取り込んで空調し、再び室内に送り返している機械です。

このエアコンには当然、空気中に飛んでいるありとあらゆるものが付着します。

ハウスダストなどの比較的大きな物質はエアコンフィルターに絡めとられるのですが、ウイルスなどはそれよりもずっとずっと小さい物質ですので、このフィルターの網目など容易にすり抜けてエアコン内部に達します。

(余談ですが、ウイルスの大きさは0.1㎛で、スギ花粉の1粒は30㎚です。1㎛は1㎚の1,000分の1の大きさですので、ウイルスはスギ花粉の300,000分の1の大きさしかないということになります)

冒頭でも書きましたが、新型コロナウイルスは空気中で3時間生存することが可能です。そしてエアコン内部に到達したウイルスは、何かの表面上でこれ以上の時間生存することが考えられます。

つまり、汚れたままのエアコンを使用しつづけることは、これらのウイルスを放置することになるだけでなく、室内に再度拡散させてしまうリスクがあるということになります。

実際、専門家の間では「空調機によるウイルスの拡散・感染も考えられる」という意見も出始めました。

 

エアコンからウイルスをまき散らさないようにするためには、とにかく内部の洗浄が必要です。

しかし、市販されている「エアコン洗浄スプレー」などを使用してのお掃除や、知識がない方の分解清掃は、エアコンの故障などのリスクが伴います。

また、エアコン洗浄スプレーは洗浄力も疑問視されており、薬剤を完全に流しきることも難しいため、今まで以上にカビなどが繁殖してしまうおそれもあります。

 

エアコンを徹底的にキレイにするには、やはり高圧洗浄機を使用した分解洗浄をおすすめいたします。

おそうじ革命では一般的な壁掛けタイプ小型エアコンであれば1台あたり¥9,980~で分解高圧洗浄を承っております。

さらに、複数台ご依頼いただくと1台あたり¥2,000割り引きもさせていただきます。

さらにさらに、2020年4月1日から「エアコン早割キャンペーン」と称しまして、洗浄させていただいたエアコンを次亜塩素酸消毒液「除菌プロ」で消毒させていただくサービスを無償でご提供いたしております

 

<関連記事:エアコンはウイルスの温床!?感染症は手洗いうがいだけでは防げない!今エアコンクリーニングが必要なワケとは

 

【エアコンクリーニングのサービスページはコチラ】

【エアコン早割キャンペーンの詳細はコチラ】

 

 

 

③「①+②」の後、光触媒でコーティングする

完全に消毒された清潔な空間を維持するためには、①の一部屋丸ごと除菌と②のエアコンクリーニングを行った後、光触媒でお部屋全体をコーティングされることをおすすめいたします。

光触媒とは、光を浴びることで変化する物質や現象のことです。種々ある光触媒のうち、「酸化チタン」という物質は、光を浴びることで表面上の有機物を水と二酸化炭素に分解する性質を持っています。

この「有機物」とは、平たく言えば「雑菌、ウイルス、花粉、ホルムアルデヒドなどの建材」を指します。

つまり、酸化チタンで物質の表面をコーティングしておけば、光を当てるだけでその物質を殺菌・消毒することが可能になる、というわけです。

実際医療現場にも光触媒は採用されていて、酸化チタンでコーティングした床にブラックライトを照射して消毒する作業を行っている病院も数多く存在します。

この「酸化チタン」は一般向けにも商品化されており、「花粉を水に変えるマスク」や「アレルシャット」などの花粉症の方向けの医療品が数多く出回っています。

 

おそうじ革命では、ハウスクリーニングした場所を酸化チタン光触媒コーティングスプレー「keskin」でコーティングするサービスを実施しております。

「keskin」は、スプレーした箇所にA型インフルエンザウイルスを付着させ、その後の動向を調べる実験において、約8時間後に表面上の99.3%のウイルスを死滅させることに成功した優れた製品です。

そのほかにも、花粉や建材などのアレルギー物質を分解したり、汚れがつきにくくなるなどの嬉しいメリットも。

 

一部屋丸ごと除菌とエアコンクリーニングで完全な衛生空間ができ上がったところにkeskinを散布すれば、ずっと清潔な状態を維持することが可能となります!

お値段は、10平方メートル未満の空間であれば一律¥15,950、15平方メートル以上のお部屋は1平方メートルあたり¥1,595で施工させていただきます。

 

<関連記事:「<COVID-19>新型コロナウイルスの接触感染防止に光明?光でウイルスを分解する『光触媒』が脚光を浴びているわけ」

 

【ハウスクリーニング+光触媒コーティングのサービスページはコチラ】

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命 All rights reserved.