簡単
見積り
エアコンのみ

エアコンのみ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

空室

空室

お部屋周り

アパートの清掃費と退去時の請求費について考慮したいこと

2020年10月21日(おそうじ革命) お部屋周り
空室イメージ

1.アパートの契約内容と清掃費

賃貸物件の中でも特にアパートは数が多く、トラブルの件数もアパートが最も多くなっています。管理者側との契約内容が最初から貸主に有利である場合や知識として知らないだろうと借主を甘く見ているケースも存在しており、賃貸物件の契約内容は最も確認の必要な事項です。

また、アパートの契約時には、契約内容に沿って建物の清掃費について言及されますが、借主に過失がない限りは建物のクリーニング費用は貸主負担という規定があることを忘れないでください。これらの知識をふまえて、ここではアパートの清掃費と退去費について、焦点を当ててみます。

2.退去費と清掃費

賃貸物件の契約内容にもよりますが、退去費と呼ばれるものは清掃費と建物の修繕費を合わせたものです。また、建物の修繕費と清掃費は全くの別物であり、混同して請求されること自体が間違っていると言えます。また、建物の修繕費も貸主と借主で負担する部分が決まっており、全ての修繕費を一方的に借主に負担させる契約内容も正しいものではありません。その為、修繕費や清掃費で頭を悩ませた場合は、消費者生活センターや法律の専門家に相談しましょう。
清掃費に関しては、室内の大きさと清掃する場所によって金額が変わります。エアコンなどの付帯品はあらかじめ清掃しておくと、クリーニング代が高くなることを防ぐことができます。最も不動産会社に任せきりにした場合は、クリーニング費用としてどこまで請求されるのかは未知数です。

逆に言えば、清掃の実費をそのまま請求する不動産会社は極めて優良だと言えます。また、在宅の場合でもクリーニングは行うことができ、その際も清掃する項目によって費用がことなります。例えば、「室内の床や壁などは掃除しなくてもいいから水廻りだけ掃除してほしい」という細かい要望を依頼することも可能なので、汚れで頭を悩ませている方は依頼の相談から始めてみましょう。

空室

3.不動産会社の裁量は大きい

アパートの清掃費に関して、不動産会社に任せきりにした場合はその清掃費が実際の清掃費なのかどうかさえ確証を持つことは難しい状況にあります。それに加えて、建物の請求費も不動産会社が正しいとも限らず、暴利を貪ると言えるような金額をわざと請求する管理会社も少なくはありません。

また、そのような業者であれば悪評が立っている為、口コミやネットなどで簡単に情報を収集することが可能です。清掃費や退去費の問題は住み始める前から存在しており、対抗するためには借主だけでは対抗しきれないということも考慮しておきましょう。

【お部屋周りの清掃】詳細はコチラから»

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命 All rights reserved.