お見積り

ガンバレ飲食店!GO TO KIREI

1月の革命割「GO TO KIREI

上板橋には今年で創業30年、規格外の量の料理を380円で提供する”デカ盛り”のお店があります。

イラン人店主のマンスールさんは、その昔、とある出来事がきっかけでデカ盛りを380円という破格の値段で提供してきました。

頑張っている飲食店を、お掃除で応援したい!という思いから、おそうじ革命の精鋭16名が立ち上がります。

しかし、30年の汚れは伊達じゃない…。

油&ホコリでギトギトの換気扇、ガチガチに焦げ付いたコンロ。最強クラスの汚れにおそうじ革命が挑みます!

新型コロナウイルスの蔓延で、飲食店業界は本当に深刻な状況に陥りました。

度重なる時短要請に、緊急事態宣言。このコロナ禍で、なんとなく「外食」という行為に引け目を感じてしまった人も多かったのか、行動制限が緩和された今でも、以前のような客足まで戻らないお店もたくさんあるそうです。

「困っている飲食店を応援したい!何かお掃除で力になれることはないか!?」

そう考えたおそうじ革命は、リブランディングプロジェクトの1つとして始動した「毎月やります!革命割」の第1弾として、飲食店応援企画「ガンバレ飲食店!GO TO KIREI」を今年1月に実施しました。

 

30年間380円でデカ盛りを提供!居酒屋 花門 きっかけは妊婦さんの我慢…。

GO TO KIREI

頑張っている飲食店をお掃除で応援したい!そんな思いからスタートした「ガンバレ飲食店!GO TO KIREI」!

今回おそうじ革命がキレイにさせていただいたのは、上板橋で30年近く規格外の量の料理を破格の値段で提供している”デカ盛り”のお店、「花門」さんです。

花門では、お皿からはみ出しそうなオムライスや、今にも崩れてしまいそうなほど盛られた唐揚げなどの”デカ盛り”メニューを、なんと全品380円で提供しています。

花門を経営しているのは、イラン出身のマンスールさん。

GO TO KIREI

花門を構えて30年、変わらずこの値段と量でやってきたそうです。

マンスールさんが「デカ盛りを破格の値段で提供したい」と思ったきっかけは、ある日お店にやってきた妊婦さんが、サイコロステーキを我慢して、安い焼きそばを注文したのを目撃したから。

お腹の赤ちゃんにもいっぱい栄養を届けたい!」と思い立ったマンスールさんは、翌日から全メニューを380円に!

妊婦さんが再度訪れた際に、前回食べられなかった分もあわせて倍の量のサイコロステーキをお出ししたのが、「全品400円なのにデカ盛り」のルーツなのだそうです。

それ以来30年間、ずっと同じ値段で同じ量を提供し続けてきました。

儲け度外視でやってきたので、マンスールさんはずっと働き詰め。お掃除をする余裕すらありません。

こんなに暖かくて慈悲深いお店、応援しないわけにはいきませんよね!

とはいえ、対する汚れは30年分。

GO TO KIREI

厨房の換気扇は真っ黒な油がガチガチに固まっており、コンロにも調味料や食品のカスが炭化して幾重にも張り付いています。

事前に汚れをチェックしにきたKIREI produce代表の福井も、思わず息を飲むほどの汚れです。30年のキャリアは伊達ではなさそう。

果たしておそうじ革命の精鋭たちは、30年選手の汚れにどう立ち向かったのでしょうか!?

 

30年分の油汚れをごっそり落とす、16人の精鋭たち

GO TO KIREI

2022年1月某日、花門の店先に、おそうじ革命の精鋭スタッフ16名が集結しました。

”安い金額でお腹いっぱい食べてもらいたい”。そんな思いで、赤字覚悟で花門を30年営業されてきたマンスールさんと、「一見無茶だけど、革命的なキャンペーン」にチャレンジし、儲け度外視で集まった16人の精鋭たち。心に通底する気持ちはお互い同じです。

心から応援したいお店だからこそ、徹底的にキレイにしてマンスールさんを驚かせたい!

精鋭たちはそう決意して、まだ夜が明ける前から花門の徹底清掃に取り掛かりました。

まずは店内の整理整頓から

GO TO KIREI

早朝、スタッフ総出で作業が始められた花門の店内。

お店の中を徹底的にお掃除するために、まずは店内の荷物を運び出すところからスタートしました。

酒瓶、食器、調理器具、さまざまなものが並ぶ店内をたくさんの人間が移動しますので、ぶつかったり転んだりしないよう、「後ろ通りま〜す」とお互いにしっかりと声をかけてテキパキと片付けていきます。 

ハウスクリーニング作業では、お客様の私物を破損したり紛失したりすることがないよう、どこに何が置かれていたかを仔細に記録し、お互いに共有することも大切です。

飲食店には、特に壊れ物や割れ物が多くあります。ぶつけて割ってしまったり、落としたりしないよう、一つ一つを慎重に、丁寧に運びます。

 

お店の看板もピカピカに!

GO TO KIREI

店外班は、お店の看板や外壁をキレイにしていきます。

花門と書かれた腰高の看板は、フレームから一つ一つパーツを取り外し、フレームに隠れて見えない部分まで徹底的にキレイに洗いました。

看板は、夜になると内側から明かりが灯ります。その際、ガラスに付着した汚れなどが浮き上がって見えることがあるので、裏表どちらもしっかりと洗って汚れを落とします。

GO TO KIREI

外壁は、油汚れと外気の汚れが混じって付着していました。

お店から排気された煙に、粉塵などの大気汚染物質が絡みつき、外壁に付着したものと思われます。

脚立を使って全面を丁寧に手作業で洗い、細かい部分はヘッドライトで照らしながら、隅々まで汚れをチェックしつつキレイにしていきます。

 

ラスボス・厨房換気扇

GO TO KIREI

今回の清掃で最も大変だったものの一つが、厨房換気扇です。

花門の厨房換気扇には、30年来の汚れがびっしりとこびりつき、換気扇もその周囲も真っ黒になってしまっていました。

 

厨房の汚れの原因は、調理の際に出る煙など。

揚げ物や炒め物などで出た油は、煙に乗って換気扇に吸い込まれます。そして換気扇周辺で冷えて固まり、周囲にどんどん溜まっていくのです。

換気扇に油汚れが溜まってしまうと、換気能力がぐっと落ちてしまい、調理で出た煙をうまく店外へ逃がすことができなくなります。そうすると、油の混じった煙が店の中を漂うことになり、テーブルや椅子、床などがベタつくようになります。

GO TO KIREI

30年分の汚れは、洗剤をつけて擦るだけではキレイになりそうにありません。

まずはヘラを使って溜まった汚れをこそぎ落とし、次にアルカリ性洗剤で油を溶かしながら磨いていきます。

パーツの溝に溜まった汚れをほじくり出し、ある程度キレイになったら細かい部分を洗剤&パットで磨いていく。この地道な作業を繰り返していくうちに、段々と換気扇本来の色が見えてきました。

GO TO KIREI

レンジフードの内部にも、同様に油汚れが層になってこびりついてます。

脚立を使って体を潜り込ませ、汚れを削り出しては洗剤で磨いていく。根気よく丁寧に、一枚一枚汚れの層を剥がしていきます。

この根気と集中力こそが、お掃除に最も大切なこと。マンスールさんの喜ぶ顔を想像しながら、「汚れと戦うプロ集団」のプライドにかけて、一心に換気扇を磨きました。

焦げ付きはお湯と洗剤で

GO TO KIREI

長年の調理で油汚れや食品が焦げついて固まってしまったコンロは、取り外して表で洗います。

焦げ付き汚れは、60℃のお湯にアルカリ洗剤を溶かした中へ漬け込み、油汚れと焦げ付き汚れをアルカリと反応させながら磨いていきます。

「汚ければ汚いほど、ピカピカになるのが分かるので、むしろ楽しいですね」と、キレイクルーは余裕の笑顔。

汚れたものがキレイになっていく過程は、想像以上にカタルシスを呼び起こします。

キレイになって気持ちいい、とお掃除を心から楽しむことができるのも、キレイクルーの良いところ。

焦げ付きが溜まったガスコンロは、ガスの出る穴が塞がってしまい、火力も落ちてしまいます。機器のメンテナンスも兼ねて、しっかりキレイにしました!

 

一見キレイそうなエアコンも…

GO TO KIREI

店内に設置された一見キレイに見えるエアコンも、パーツを取り外して熱交換器を露出させ、洗剤をつけおきして高圧洗浄機で吹き飛ばしていきます。

一見キレイに見えるエアコンでしたが、調理の際に出た煙や油などを吸い込んでいたのか、高圧洗浄した後の汚水は真っ黒です。

隅から隅まで徹底的にキレイにして、快適な空気を回復することに成功しました。

 

キレイを取り戻した「花門」!マンスールさんのリアクションは?

辺りが暗くなり、街灯に明かりが灯る頃、花門の徹底クリーニングは終了しました。

GO TO KIREI

油とホコリでギトギトだった換気扇は本来の姿を取り戻し、プロペラが回る音も快調そのもの!

GO TO KIREI

野菜クズや焦げ付きで真っ黒になっていたコンロ周辺は、焦げ付きもしっかりキレイになって快適な手触りが戻ってきました。

 GO TO KIREI

長年の営業ですっかり黒ずんでしまった床は、汚れを落として新たにワックスを塗り直し、清潔な輝きを放っています。

 GO TO KIREI

昔の姿を回復した花門を見て、マンスールさんは大喜び!

床があまりにもキレイになっていたので、最初は靴を脱いでお店に入ってくるほどでした。

 GO TO KIREI

ピカピカになって景気良く回っている換気扇には、「コレもう、買い換えないとダメかな?と思ってたよ」と感激を隠しきれない様子。

「こんなにキレイな床だったら、子供たちは滑って遊んじゃうね!」と腹這いになって、ピカピカになった床の感触を確かめていました。

GO TO KIREI 

コロナ禍にありながらもスタイルを変えず、赤字覚悟でたくさんの人を笑顔にしてきた「花門」のマンスールさん。そのマンスールさんの満面の笑顔を見れたことは、キレイクルーにとってもかけがえのない宝物となりました。

 GO TO KIREI

マンスールさん、キレイになった花門で、これからもたくさんの人を喜ばせてくださることでしょう!

「ガンバレ飲食店!GO TO KIREI」キャンペーン!大成功!

エアコン清掃の写真

ハウスクリーニングは、おそうじ革命にお任せください!

2022年オリコン顧客満足度®調査 ハウスクリーニング コストパフォーマンス3年連続No1!掃除のことならなんでもお気軽にご相談ください。


革命割

ハウスクリーニングのおそうじ革命は、2022年2月1日(火)より、リブランディングをスタートさせました。

このリブランディングでは、公式サイトやロゴデザイン、スローガンのリニューアルなどを行いました。
新ロゴデザインのオリジナル洗剤や営業車も登場し、これまでのおそうじ革命のイメージを一新しています。

また、ビジュアルの部分だけでなく、私たちの想いと決意を「行動」で示していくために、お客様はもちろん、「おそうじ革命」のオーナーや、ハウスクリーニングに興味を持って頂いている方々に常時情報発信をしていくための4つのプロジェクトも同時にスタートさせました。

今回実施した「ガンバレ飲食店!GO TO KIREI」キャンペーンは、その4つのプロジェクトの1つである「毎月やります!革命割」の第1弾として実施されました。

「毎月やります!革命割」は、一見無茶だけど、革命的なキャンペーンに、毎月チャレンジしていくプロジェクトです。

例えば、通常であれば料金が高くなるような掃除場所、状況、時間等でも、あえてお値引き。汚れに困っているお客様を、渾身のキレイで応援していきます。

「毎月やります!革命割」のねらいは、業界の固定観念を壊し、革命的なハウスクリーニングサービス開発のヒントを見つけることです。

これからもおそうじ革命は、これまで業界に存在しなかった革命的なキャンペーンを企画し、実行していく所存です。

革命割プロジェクト一覧はこちら!

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命
All rights reserved.