簡単
見積り

エアコンのみ

エアコンのみ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

空室

空室

お部屋周り

引越し時にハウスクリーニングを行うメリットやデメリット、安く済ませる方法などのポイントまとめ

2019年12月24日(おそうじ革命) お部屋周り

 

引っ越しの清掃はどこまでやればいいの?

賃貸のマンションや住宅にお住まいの人は、
引っ越し時にどこまで清掃をするべきか迷いますよね。

長年住んでいると、普段綺麗に使っていても、どうしても汚れが蓄積してしまうもの。
では、引っ越し時の清掃は、いったいどこまでやればいいのでしょうか。

 

基本的に賃貸住宅やアパートを退去するときは「原状回復」をする必要があります。

これは、経年劣化した部分を除き、基本的に退去時には、お部屋を入居したときの状態に戻すという意味です。

逆に経年劣化と通常損耗分の費用は、「毎月支払う賃料に含まれているという」のが一般的なので、
借主が負担して修繕する必要はないケースがほとんどです。 

引っ越しにハウスクリーニングをするメリット

持ち家の場合、
引越し時にハウスクリーニングをするメリットは大いにあります。
事項で詳しく見ていきましょう。 

旧居の場合

持ち家から引っ越して旧居を売却する場合、
退去後にしっかりとハウスクリーニングを行うことで好条件で売却できる可能性が高まります。

購入希望者や不動産会社が内覧に来た時に、ピカピカのお家が綺麗だと好印象ですよね。

逆に売却時や内覧時にハウスクリーニングをしていないと、
値引き交渉をされてしまったり、購入者が中々現れずに売却に時間がかかってしまう可能性もあります。 

新居の場合

新居の場合、入居時にはすでに清掃されている場合がほとんどですが、
中には清掃がしっかりとされていなかったり、汚れが残っていたりするケースも。

せっかく新居に引っ越すのだからピカピカの綺麗な状態で住み始めたいですよね。
引越し先の新居の清掃状態が心配な場合は、ご自身で空室清掃の業者を手配するのも良いかもしれません。 

引っ越しにハウスクリーニングをするデメリット

もしご自身でハウスクリーニングの依頼をする場合、
このようなデメリット(リスク)があることに留意が必要です。 

旧居の場合

賃貸住宅やマンションの場合、大家さんや管理会社がすでに契約している清掃会社がある可能性があります。

もし大家さんや管理会社を通さずに空室清掃の業者を手配した場合、キッチンや浴室など、お部屋全体をしっかりと清掃してもらったにも関わらず、
清掃の仕上がりを認めてくれない場合も・・・。

マンションや住宅の引越し時に、ハウスクリーニングをご自身で手配しようと考えているならば、
一度管理会社や大家さんに付き合いのある業者がいるかどうか確認するといいでしょう。 

新居の場合

新居の場合、引っ越し前にすでに清掃されている場合がほとんど。
すでに綺麗な部屋に対してハウスクリーニングを依頼するのは、お金の無駄になってしまいます。

引越し先のマンションや住宅の清掃状況が心配な場合は、
一度不動産管理会社や大家さんにハウスクリーニングが行われているか問い合わせてみるといいでしょう。

引っ越しで家をハウスクリーニングするときの料金相場

ハウスクリーニングの料金相場は、マンション・戸建てなどの住宅の種類、

1DK、1LDK、2DK、2LDKなどの住宅の間取り、

お部屋全体の清掃を依頼するのか、

浴室・キッチン・エアコンなど、自分で清掃作業をするのが難しい箇所だけ依頼するのか

などの清掃の範囲によって変わってきます。 

マンションの場合

マンション・アパート・平屋など1フロアの建物の場合、
清掃の手間がかかる階段がない分、清掃料金が割安になっている場合が多いです。

空室マンション・アパートの平均的なハウスクリーニング相場は、

  • ワンルーム・1Kで 15,000~30,000円
  • 1DK、1LDKで30,000円 ~ 40,000円
  • 2DK、2LDKで30,000円 ~ 70,000円
  • 3DK、3LDKで50,000円 ~ 85,000円
  • 4DK、4LDKで70,000円 ~ 100,000円

 

ご覧いただくと分かるように、
ハウスクリーニング業者によって料金にかなり幅があるのがわかります。

おそうじ革命では、
比較的に汚れが少ない状態のお部屋ならば、
簡易清掃パックで25㎡未満 一律13,750円

汚れが目立つお部屋の場合は
徹底清掃パックで25㎡未満 一律24,750円

でお受けしています。(2019年12月現在)

最新の料金はコチラからご確認ください。

空室清掃の詳細を見る

 

戸建ての場合

戸建て住宅の場合、マンションやアパートと比較して
階段など手間がかかる清掃ヶ所が多いため、ハウスクリーニングの料金が割高になる傾向があります。

平均的な料金相場は

  • 2DK、2LDKで50,000円 ~ 80,000円
  • 3DK、3LDKで70,000円 ~ 100,000円

こちらもマンション・アパートと同様業者によってかなり差がありますね。

ハウスクリーニング業者によって清掃範囲や清掃内容も異なるため、どこまで清掃してくれるのか事前に確認することをオススメします。

おそうじ革命の場合、
比較的に汚れが少ない状態のお部屋ならば、
簡易清掃パックで25㎡未満 一律13,750円

汚れが目立つお部屋の場合は
徹底清掃パックで25㎡未満 一律27,500円
でお受けしています。(2019年12月現在)

最新の料金はコチラからご確認ください。

空室清掃の詳細を見る
 

安くハウスクリーニングをする方法

ハウスクリーニングの料金を安く済ませるには、
日常的にお部屋を綺麗に使うように心がけるといいでしょう。

日常清掃をしっかりと行っていれば、
引越し時のハウスクリーニングも簡単に済むため、結果的にハウスクリーニング料金が安くなります。

とはいえ、もうすでに汚れてしまっている!
普段から豆に掃除する時間なんてない!

といった方もいらっしゃるでしょう。

そんな場合、お部屋全体の清掃を依頼するのではなく、
掃除機掛けや窓掃除など、簡単な作業はご自身でおこない、

キッチン、エアコン、浴室、レンジフードなどの
ご自身で清掃するのが難しい箇所だけハウスクリーニング業者に依頼すると良いでしょう。

 

家事代行の利用

ハウスクリーニングは清掃に使う薬剤やエアコンの構造を熟知した、清掃のプロフェッショナルが清掃作業を行うのに対して、
家事代行は主婦などの一般人を派遣して日常の家事を依頼するサービスです。

清掃に使う薬剤やエアコンの構造に対する高度な知識は持ち合わせていない分、割安に依頼をすることができます。

ご自身でお掃除する時間が全くない場合、簡単な清掃作業は家事代行サービスに依頼して、

キッチン、エアコン、浴室、レンジフードなど専門知識が必要な箇所はハウスクリーニング業者に依頼する、
といった合わせ技を使うというのも一つの手。

ただし、2つの業者に依頼すると作業箇所が被ってしまったり、
当日上手く連携が取れない可能性があるので、作業日をずらすなどの配慮が必要です。
 

空室清掃について

空室清掃は、通常家具や荷物などの物が無い状態で行うことがほとんどです。

ハウスクリーニング業者に清掃作業を依頼する場合、
作業当日までに荷物の移動をしっかりと済ませましょう。

とはいえ、中には引越し作業が間に合わなくて、
家具やモノがある状態だけれど清掃作業をしてほしい。
といったお客様もいらっしゃいますよね。
 

おそうじ革命では、
「家まるごと掃除パック」というお得なセットメニューで、家に家具がある状態でも対応可能です。

家まるごとパックの詳細を見る

自分でやったほうが良いか、業者でやったほうが良いか

確かに自分で清掃作業をしたほうが、お金を節約することができます。

しかしご自身で空室清掃を行う場合時間もかかりますし、
清掃の仕上がりによっては清掃後に結局ハウスクリーニング業者を呼ぶことになる可能性もあります。

そんな二度手間を防ぐためには、
やはりプロのハウスクリーニング業者に清掃を依頼をすることをオススメします。
 

おそうじ革命では、
清掃の仕上がりにご納得頂けない場合無料で再作業にお伺い致します。

空室清掃の詳細を見る

 

ハウスクリーニング業者の選び方

比較サイトや口コミサイトで検索すると、
色々なハウスクリーニング業者が出てきますよね。

 

特に都心部にお住まいのお客様の場合、
「どの業者に依頼すればいいのか分からない!」といったお悩みもあるかと思います。
 ハウスクリーニング業者を選ぶポイントとしては、

 
  • 大手企業か
  • 個人事業主か
  • 保証があるか
  • 保険に入っているか
  • セットメニューはあるか
  • お得な割引はあるか

などなど・・・。

 

ハウスクリーニング業者の選び方はコチラの記事に詳しく書いているのでよろしければご参考にしてください。

[コラム]様々なハウスクリーニング業者を比較してわかった、ハウスクリーニングの相場と業者の選び方  

ここまでお読みいただきありがとうございました。

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命 All rights reserved.