簡単
見積り
エアコンのみ

エアコンのみ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

空室

空室

ガラス・サッシクリーニング

窓掃除はプロの技で簡単にピカピカにできる

2020年07月13日(おそうじ革命) ガラス・サッシクリーニング

窓掃除はプロの技で簡単にピカピカにできる!

窓掃除

 

 

窓をきれいにしようと思っているなら、プロの技で自分できれいにしてみてはいかがでしょうか。

どこの家庭にもあるようなアイテムを利用するだけでも、プロの技があれば、ずいぶんきれいになるものです。

今回は、汚れの原因や窓の部位ごとの掃除方法を紹介します。

大掃除をしようと思っているなら事前に知識を蓄えておき、効果的な方法を使ってスピーディーにきれいにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

窓の汚れの原因

窓ガラス

 

 

窓の汚れを落とすには、まず窓の汚れの原因を知らなければなりません。

汚れは性質によって必要になってくる掃除方法も違いますので、まずはその性質を知ることが重要です。

 

 

指紋

 

 

ガラス面の汚れは指紋であることも多いです。

指紋というのは、簡単にいえば指についている皮脂ともいえるでしょう。

手のひらや指には皮脂腺があり、そこから脂が定期的に出てきますので、そのままガラス面を触ると、指紋がついてしまいます。

また、手垢もガラス面が汚れる原因です。

大人は注意すればガラス面に汚れをつけませんが、子どもがいる場合は、どんなに注意していても手垢がついてしまうのは仕方がないでしょう。

 

 

油汚れ

 

 

窓の汚れは内側の場合、油汚れであることも多いです。

とくにキッチンに近い窓には油汚れが多くなる傾向があり、料理をしていると、油が飛んだりすることもありますし、見えない状態で少しずつ油が窓についていることもあるのです。

ちょっとついたくらいなら、簡単に拭き取れますが、長年をかけて重なった油汚れは非常に頑固です。

 

 

タバコのヤニやホコリ

 

 

タバコを吸う場合はヤニ汚れであることも多いですし、どんなに注意しても空気中にはホコリが漂いますので、ホコリも汚れの原因です。

そして、場合によってはこれらが複合された汚れであることもあります。

さまざまな汚れが重なっていると、相反する性質の汚れになってしまう可能性もあり、そうなってくると1種類の洗剤を使ったくらいでは落ちない可能性があります。

 

 

土や砂

 

 

これは外側になりますが、周囲から風に乗せられて、土や砂が飛んできます。

これらも汚れの原因になることも多く、隙間にたまってしまうと、なかなか取るのに苦労します。

また、乾いた土や砂が付着していても、雨の日になると、それが泥になったりもするので、気温や天候によって状態が変化する汚れだともいえるでしょう。

 

 

鳥の糞

 

 

時には鳥の糞が汚れになってしまうこともあります。

鳥の糞は、見た目に反して、意外と簡単に拭き取れます。

しかし、鳥の糞の中には病原菌が含まれていることが多いので、間違った掃除方法をしてしまうと、体に支障をきたしてしまうこともあるのです。

ただ、掃除するだけではなく、殺菌まで含めてしなければ、十分に清掃したとはいえません。

また、鳥の糞は、新たな鳥を呼び寄せる効果がありますので、そのままにしておくと、どんどん汚くなってしまう可能性があるのです。

 

 

窓掃除に必要な道具

掃除道具

 

 

窓掃除は、家庭にあるようなものでかなりきれいにできます。

そのため、どんなものを使えばよいのかを把握しておきましょう。

まず、さまざまな溶液を入れるためにスプレーボトルがあれば便利です。

百均などにも売っているので、それをいくつかストックしておくとよいでしょう。

スプレーボトルに入れて使うのが、クエン酸だったり、重曹だったりします。

クエン酸と重曹は、手軽に手に入るうえに、家庭の掃除に効果的なものです。

さらに、水分を除去するためにスクイージーがあると便利でしょう。

ほかには、ホコリや砂などを除去する必要もあるので、ちりとりやほうきがあれば便利です。

また、新聞紙も何かと便利なので、少し多めに用意しておいてください。

このように、どこの家庭にあるようなものを使うだけでも、きれいに掃除ができますので、覚えておくとよいでしょう。

スクイージーは、家庭によってはないかもしれませんが、こちらも安価で手に入れられます。

 

 

窓ガラスの掃除方法

窓掃除

 

 

窓ガラスの掃除方法について確認します。

窓ガラスの掃除といっても、汚れはさまざまなので、汚れにあわせて掃除ができれば、よりきれいにできるはずです。

 

 

水拭き

 

 

ガラス面の汚れが軽い場合は、水拭きが基本になってきます。

汚れは定期的に水拭きで落としていると、頑固な汚れになりにくいので、水拭きで落とせるうちに落としてしまうのがポイントです。

基本的には、タオルを用意して、それを濡らして、固く絞った後に水拭きしていきます。

ガラスを拭く際に、丸型に拭いていく人がいますが、ガラスは上から下へコの字を描くように拭いていくのがオススメです。

こうすることによって、拭きムラができてしまうのを防げます。

また、水拭きした後は、空拭きをするようにしてください。

自然乾燥させてしまうと、水拭きの跡が残ってしまうので、まだ汚れているように見えてしまうのです。

 

 

重曹スプレー

 

 

少しガラスの汚れが強いときは、重曹スプレーを利用するのもオススメです。

スプレーボトルに水を入れ、重曹を適量入れ、それを混ぜてスプレーします。

このスプレーをタオルに吹きかけて、これを使って掃除をしていきます。

要領は、水拭きするのと同じような感じで問題なく、水だけのときよりも汚れを落とす効果が高くなっているのです。

 

 

クエン酸

 

 

重曹スプレーを使った場合は、ガラス面に白い跡が残ってしまうことがあります。

これを防ぐために利用するのがクエン酸です。

クエン酸は重曹の反対の性質を持っていますので、白い跡を中和して、きれいにしてくれます。

 

 

窓サッシの掃除方法

 

 

窓サッシも重曹を使った方法がオススメです。

しかし、重曹スプレーを利用するのではなく、重曹ペーストを使います。

ペースト状にすることによって、スプレーのときよりもきれいにする力は強くなります。

重曹ペーストの作り方は、重曹スプレーを使ったときよりも、重曹の割合を多くするというものです。

これを気になる部分に塗って、雑巾を利用して拭き取ります。

素材によっては、素材を変色させてしまったりするので、あまり長時間置かずに、サッと拭き取ることが重要になってきます。

 

 

網戸の掃除方法

網戸掃除

 

 

網戸の掃除には新聞紙を使った方法がオススメです。

まずは網戸に新聞紙をはりつけ、新聞紙をはった方とは反対側から掃除機で吸い取るというものです。

普通に掃除機で吸い取ってもよいのですが、新聞紙をはりつけることによって、掃除機の吸引力を高められます。

これは簡単にできるうえに、かなりきれいになる方法なので、網戸の隙間にゴミやホコリが詰まってしまっている場合は、ぜひ行ってみましょう。

濡らさなくてもよいのがメリットで、ホコリやゴミを濡らしてしまうと、かえって汚れてしまうこともあるのです。

 

 

まとめ

まとめ

 

 

窓をきれいにする方法がわかったのではないでしょうか。

窓にはさまざまな汚れがついていて、その汚れによってきれいにする方法も異なってきます。

間違った方法を使えば頑固に感じることもありますし、逆に正しい方法で行えば、意外なほどすんなりと落ちてしまいます。

ここを上手に使い分けるのがプロの技といえますので、ハウスクリーニング屋さんに依頼するつもりでも、まずは自分できれいにできないか考えてみるとよいでしょう。

重曹やクエン酸は、決して高いものではありませんので、ぜひ有効活用してみてください。

これらのアイテムのすごさがきっとわかるはずです。

 

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命 All rights reserved.