簡単
見積り
エアコンのみ

エアコンのみ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

空室

空室

浴室

浴室クリーニングの料金相場や業者の選び方を紹介

2020年07月13日(おそうじ革命) 浴室

浴室クリーニングの料金相場や業者の選び方を紹介

浴室

浴室は常に高温多湿の場所なので、汚れやカビが発生しやすい場所です。

また汚れが蓄積することによって、どんどん頑固になり普段の掃除では汚れが落ちにくくなってきます。
この記事では浴室クリーニングの必要性や料金相場、業者選びの方法を紹介していきますので、ぜひ浴室クリーニングを体験してみてください。

浴室クリーニングの必要性

浴室

まずは浴室クリーニングの必要性を確認してみましょう。

必要性を知ることができれば、面倒であっても、しっかりとクリーニングをする癖をつけられるかもしれません。

浴室は体を清潔にするところ

まず覚えておきたいのがお風呂場は体を清潔に保つところです。

そのため、お風呂場が汚れていては、本末転倒になってくるでしょう。

お風呂場を清潔にしておけば、清潔にした体に雑菌がついてしまうのを防ぐことができ、結果的に清潔に保てます。

浴室の汚れは蓄積する

浴室クリーニングの必要性を知るためには、お風呂場の汚れは蓄積するという点です。 泥汚れやホコリ汚れが蓄積する分には、それほど苦労することなく除去できます。

しかし、お風呂場にたまる汚れは別物で、蓄積すれば蓄積するほど、汚れを落とすのが大変になってしまいます。
これを理解するためには、お風呂場の汚れの性質を知る必要があるでしょう。 お風呂場にある汚れの多くは、シャンプーやリンス、石けんなどのカスになっています。 さらに、人の皮脂汚れも多くあります。

こういった汚れは、発生したばかりだと簡単に落とせるのですが、蓄積することによって、どんどん頑固になる性質を持っているのです。

そのため、浴室クリーニングが必要な理由の中には、日々の掃除を楽にするためにクリーニングをするという意味合いもあるのです。
また、これらの汚れが排水口や溝にどんどんたまってしまいますので、その部分が雑菌の温床になるという点も見逃せないでしょう。

雑菌に囲まれて体を洗っているということを想像すると、ゾッとしてしまうのではないでしょうか。

浴室クリーニングはなにをしてくれる

掃除道具

浴室クリーニングを依頼する際に、どんなことをしてくれるのかを知っておきましょう。

素人の作業と大差ないならば頼む意味はありませんので、素人とプロの作業の違いを把握しておくとよいでしょう。

基本的には浴室掃除

浴室クリーニングを業者に頼んだ際には、基本的には清掃がメインです。
ただし、素人がやるものと、プロがやるものでは、効果がまったく違ってきますので、よりしっかりと掃除ができるといえるでしょう。

お風呂場全域が対象になっていて、天井や照明、蛇口や換気扇フィルターなどまでまとめて掃除をしてくれます。
照明や換気扇フィルターなどは、自分でもできますが、自分でするとなるとそれなりの時間が必要になってきますし、手間もかかります。

プロならば短時間できれいに仕上げてくれますので、その部分にも価値があるといえるでしょう。

各種コーティング

これは業者によってオプション対応になることも多いですが、クリーニングを業者に頼んだ際には、次に汚れにくい対策をしてくれるのもポイントです。 たとえば、鏡であれば水垢を除去したうえでコーティングをしてくれます。 また、浴室に対して防カビコートをし、カビの発生を抑制してもらえるのです。

さらに、素人では掃除をするのが難しい追い焚き配管の清掃なども対応しているところもあります。 このように、素人が対応できない場所の清掃をしてくれるのも、業者にクリーニングを依頼した際のメリットです。

浴室クリーニングの料金相場

料金相場

浴室クリーニングの料金相場は、とてもわかりやすいです。 多くの業者が15,000円から25,000円くらいの間で提供しています。

そのため、20,000円前後が妥当になるといえるでしょう。 しかし、20,000円程度でサービスを提供していても、業者によって内容が異なってきます。

この部分が非常に重要になってきて、必要最低限のサービスしか提供してくれないところもあれば、通常はオプション対応になるようなサービスを無料で提供してくれるところもあるのです。 業者比較をする際には、値段だけで見るのではなく、その内容もしっかりと把握して料金が妥当かを検討しましょう。

浴室クリーニングの業者の選び方

浴室クリーニング業者の選び方

浴室クリーニング業者の選び方を紹介します。 自宅に業者をあげることになりますし、
自分たちの財産の掃除を任せるわけですので、しっかりと信頼できる業者を選定したいところです。

料金と内容

業者の選び方としては、料金と内容が合致しているかが重要です。 料金だけで選ぶと失敗する可能性もあり、その料金でどんなサービスに対応してくれるのかを比較しましょう。

そのためには、各業者のオプションもしっかりと確認してください。 そうすれば、この業者ではオプションになっている作業が、あの業者では基本サービスに含まれているなどの差異を理解できます。 そうなってくると、このサービスが割高なのか、割安なのかが見えてくるでしょう。

実績

大切な自宅のお風呂場の掃除を任せることになるので、実績は重要です。 実績が多ければ多いほど、信頼できる業者ということになります。 お風呂場は持ち主にとっては財産といえますし、自宅にクリーニング屋をあげることにもなります。

そのような意味でも信頼性をはかることは重要になってくるのです。 実績はホームページなどにも記載されていますし、口コミを確認するのもよいでしょう。

浴室をきれいに保つ方法

浴室

浴室をきれいに保つための方法を紹介します。 自宅にあるクエン酸や重曹を利用した掃除方法を紹介しますので、ぜひ活用してみてください。
場合によっては驚くほどきれいになります。

重曹を活用

重曹は浴槽をきれいにするのに向いています。 重曹はお風呂場の汚れの大半である皮脂汚れに対して効果を発揮してくれます。 重曹は、水に混ぜて利用することになりますが、汚れの度合いに応じて、ペースト状で使うのか、スプレーにするのかを変えるとよいでしょう。

また、重曹には消臭効果もありますので、お風呂場のニオイが気になるなら、それもまとめて対策できる可能性があります。

クエン酸を活用

クエン酸もお風呂場の掃除にオススメです。 クエン酸は、重曹とは逆で、アルカリ性の汚れを落とすのに適しています。

クエン酸は基本的に水に混ぜてスプレーにして利用するのがオススメです。
また、場合によってはクエン酸と重曹を混ぜて、発泡する化学反応を利用して汚れを落とす方法も有用です。

重曹とクエン酸を混ぜる方法は、発泡の力によってきれいにするので、発砲して少し時間を置いた後は、シャワーでサッと流すだけで済みます。

定期的な掃除

お風呂場の掃除は、定期的に行うのがオススメです。

皮脂汚れも石けんカス汚れも蓄積されることで頑固になるので、定期的な掃除こそが鍵です。

基本的に、定期的に掃除していれば、それほど大変な掃除をする必要はありません。 年末の大掃除もとても楽になるはずです。

まとめ

まとめ

浴室クリーニングについて理解していただいたのではないでしょうか。

お風呂の掃除を定期的に行っておけば、大きな汚れになってしまうことはありません。 そのため、定期的な掃除をしつつ、ここぞという掃除をするときに、業者にクリーニングを依頼するとよいでしょう。

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命 All rights reserved.