簡単
見積り
エアコンのみ

エアコンのみ

ハウスクリーニング

ハウスクリーニング

空室

空室

お部屋周り

知っていますか?空室清掃の正しいやり方

2020年10月21日(おそうじ革命) お部屋周り
空室クリーニング

1.空室の意義

賃貸物件において、空室という状態はあまりいい状況ではありません。入居希望者の視点からすると、長らく空室だった部屋に対しては「何かあるのでは?」と余計な疑問が生まれますし、設備や部屋の状況なども通常よりもチェックが厳しくなるため、空室が長くなればなるほど入居するという選択肢から外れやすくなってしまいます。

また、建物の管理者から見ても建物に発生する空室は、掃除費用や設備の維持などでもコストがかかる上に入居者がいない状態では、問題点そのものが改善することもありません。このようなことを踏まえ、ここでは空室清掃のやり方について焦点を当てていきます。

2.空室での清掃について

空室での清掃は、業者か自分で行うかに分かれますが、清掃の質を気にするのであれば専門業者に依頼した方が確実です。また、空室であれば家財は一切ない為、好きな順番で掃除を行うことができます。空室を掃除する場合、大部分を占める壁や床、天井などから掃除を行い、徐々に部屋の隅などの細かい部分にシフトしていくと掃除にかかる時間が短縮されます。

そして、一番力を入れて清掃を行わなければならないのは、部屋の隅や水回りなどの細かい部分であり、その部分の掃除のレベルが入居希望者への印象を決定づけるほど重要なものです。

もちろん、設備や外観などが綺麗であればそれに心惹かれる入居希望者もいますが、一番大切なのは室内であり、室内の掃除が疎かな業者や不動産会社とは誰も契約したいとは思わないでしょう。室内の清掃の質は業者によって異なる為、業者の見極めと価格設定は逐一見直していくとコストを抑えたうえで、最善の結果を得られるという意識を忘れないでください。

空室クリーニング

3.空室清掃はなぜ必要とされるのか

空室清掃は原状回復義務という規定に沿ったうえで、空室・空室となる予定の部屋に掃除を行うのが現在の賃貸契約においては最も一般的な形です。この規定そのものは、次の入居者の為に現在の借主が与えた傷や汚れなどをできる限り綺麗にして引き渡すための制度です。

ちなみに、建物は消耗品であり、借主と貸主の部分負担ははっきりと規定によって分かれていますが、不動産会社は慈善で運営しているわけではないので、請求費の規定をわかっていても借主にすべての支払いを請求する場合もあるということを忘れないでください。
空室清掃は、次の入居者の為の部屋の準備であり、空室を空室のままにさせない為に最も効果的な方法です。なにかしら思い当たる方は、まずコストと見合うサービス内容なのかどうかから見直しましょう。

【お部屋周りの清掃】詳細はコチラから»

Copyright © ハウスクリーニングのプロ集団
おそうじ革命 All rights reserved.